需要の高いデザイン|大切な人に結婚指輪を贈る際に知っておくべきこと

大切な人に結婚指輪を贈る際に知っておくべきこと

ウェディング

需要の高いデザイン

ウェディング

ストレートが定番

結婚指輪のアームのデザインでは、一番オーソドックスなストレートラインが特に人気があります。個性を強調する傾向がある婚約指輪とは異なり、結婚指輪はとにかくシンプルなものが好まれます。実際、結婚指輪は嵌めたまま仕事をしたり家事をすることが多いので、あまりにも装飾が激しいものは不向きです。現在結婚指輪のアームデザインの主流は、ストレートラインの他、ウェーブライン、V字ラインの3種類あります。いずれも指馴染みが良くシンプルなデザインなので、どのタイプを選んでも安心です。ウェーブラインはカーブの効果で指を細く見せてくれるのが魅力で、V字ラインは指を長く見せる効果があります。実際に指に嵌めてみて、もっともしっくりくるものを選びましょう。

素材の個性を把握

結婚指輪はアームのデザインだけではなく、素材の種類もえらなくてはいけないのでご注意下さい。同じアームのデザインでも、素材の個性によってかなり見た目の印象が違います。海外では柔らかく加工しやすいゴールドが一番人気がありますが、日本ではプラチナを選ぶ方が圧倒的大多数を占めます。ゴールドは宝石を入れなければ10万円しない金額で買えるものも少なくありません。見た目のゴージャス感の割に、そう高くないのも嬉しい魅力の1つです。また、同じゴールドでも純金に白色の貴金属を混ぜたホワイトゴールドや、銅の比率が多いピンクゴールドなど、カラーバリエーションが豊富です。プラチナは安くても1つ10万円はするのでゴールドよりは若干値段が張りますが、汗や酸にも強く、錆びにくい性質もあるので結婚指輪にぴったりです。